動画撮影のノウハウを活かし、ライブ配信事業で売上30%以上アップ


売上拡大

FROM STRING

周南市を拠点として、イベント企画事業を中心に2014年より事業を展開。都市圏からアーティストを招き、山口県の食や観光とコラボし県外に発信する企画を多く手掛けてきた。新型コロナウイルス感染症拡大により動画の必要性が高まってきたことから、現在は映像制作とライブ配信事業も展開中。企業・事業者プロモーション動画、インタビュー動画、ミュージックビデオ​​セミナー・講演会の収録、個人PR用動画など​、様々な要望に対応する。

住所電話ホームページ
〒745-0803 
山口県 周南市 大島243-2
080-1933-9829https://www.fromstring.com

コロナ禍のピンチをチャンスに!強みを活かした新規事業で売上UP

動画制作の機材

新型コロナウイルス感染症拡大の影響から、それまでの主力事業であった集客イベントの開催が難しくなった。代わりになる商材として、以前から手掛けていた動画制作の機材とノウハウを活用できる、インターネットライブ配信に注目。展開方法や宣伝、他社との差別化など、新規事業を軌道に乗せていくための方法を、当拠点のCOに相談することにした。

当初は、『移動スタジオ』と銘打って、クライアントの事業所や店舗に出張し、機材の設営から配信までを担当するサービスを、商工会議所会員へのチラシ配布や、金融機関からの紹介で展開していた。

元々撮影の技術があり、映像の品質に自信はあるが、集客に苦戦しているとのこと。目新しいサービスであるため、いかにして認知を拡大していくかを課題に設定した

ライブ配信の需要はUP!主催者側の要望に合わせて対応

Web会議システムを活用して配信

昨年度からライブ配信の需要は増加しており、当拠点でも金融機関や商工会・商工会議所から、セミナー等の配信についての相談を受けていた。そこで、事業再構築補助金のオンライン説明会を開催するタイミングで、当拠点を通じて相談者を紹介し、説明会のライブ配信を担当してもらうことになった。

それに際して、これまでSNSのライブ機能を使用していたところを、主催者側の希望に合わせてWeb会議システムを活用して配信を実施した。

ライブ配信の場が広がることを期待される

補助金のオンライン説明会が認知されたことにより、金融機関や商工会・商工会議所からの問い合わせが増加し、ライブ配信の依頼が立て続けに数件入った。業務で馴染みのあるWeb会議システムを活用した点がプラスに働き、利用者側の理解度がアップしたことも、受注に繋がった要因のひとつであると考えられる。また、地域の小学校や幼稚園から、運動会や授業参観のライブ配信の依頼もあり、今後も更に活動の場を広げていくことが期待される。

運動会や授業参観のライブ配信

支援のポイント

動画の撮影・編集の技術を持っている相談者なので、それを活かせるライブ配信は可能性があると感じた。都心ではセミナーやイベントのオンライン化が進んでいるが、地方ではまだ事例が少なく、理解してもらうのに時間がかかる。まずは事例を増やしていくことが重要と考え、案件獲得のアイディアを多方面から提案した。

相談者のひとこと

よろず支援拠点COの紹介で、Web会議システムを使ったライブ配信を担当させてもらい、そこから配信の案件が拡がりました。また、ライブ配信の様子をSNSで発進したことで、新たな相談に繋がりました。まだまだ実績を増やしていきたいので、今後も積極的に情報を発信して、人の目に触れる機会を増やしていきたいと思っています。

お電話での無料相談予約・ご相談

電話083-902-5959

電話083-902-5959

⽉〜⾦ 9:30〜17:00 / ⼟ 9:00〜12:00

PAGE TOP

Copyright(c)2020 山口県よろず支援拠点 All Right Reserved.