新事業に向けた課題を解決!売上・利益の大幅アップ


経営改善

ハニードライ(クリーニング業、老人福祉・介護事業)

昭和29年に創業し、下関市内及びその近郊を商圏として、一般家庭の衣類を対象とした洗濯代行サービスの提供を行っている。店舗は、商圏内に直営店38店舗、フランチャイズ17店舗を展開している。また、下関市内にリラクゼーション施設3店舗、高齢者向けリハビリ型デイサービス施設2店舗も運営している。

住所電話ホームページ
〒759-6004
山口県下関市横野町1-21-13
083-258-2110https://www.honeydry.net/

新事業を実現するため、今後の事業計画をコーディネーターと一緒に作成

当社の主力事業であるクリーニング事業の先行きが不透明であるなか、今後の事業計画を作成していた。

そのなかで新規事業として、介護施設入所者向けの新事業を考えていたが、それを着実に実現させるために事業計画のブラッシュアップや国や県・市の施策や制度についても把握しておきたいと思っていたため、当援拠点の下関市出張相談会に参加いただいた。

新事業の具体的な分析を実施し、実現可能な営業体制を構築

新事業の方向性は明確化されていたため、「新サービス提供における生産性の向上」や「実現可能な売上高・収益性を確保する販売戦略」について、具体的な分析を実施した。

「生産性の向上」については、サービス提供に至る「工程」を分析し、ボトルネックとなる作業工程を明確化した。 また、「販売戦略」については、既存事業における経営資源を整理し、実現可能な営業体制を構築した。

「ものづくり補助金」を活用

「生産性の向上」にむけた課題解決を図っていくためには、ボトルネック工程における設備導入が有効であることが明確化できた。そのため、「ものづくり補助金」を活用していくこととし、申請書作成に向けた支援を実施した。また、新事業実施に伴う経営資源の再配分や、チラシ等の販促物の作成支援等、販促や営業体制の構築に対しても支援し、本事業の実施に向けて対応した。

「ものづくり補助金」が採択され新事業におけるボトルネックを改善する設備導入が可能となったこと等により、計画粗利益率を確保できる生産体制を構築することが出来た。更に新規事業の営業活動を積極的に行った事により、順調に販売先の拡大を図ることができ、事業計画に基づいた売上高の確保に繋がっている。  

今後の展望としては、本事業をベースとして、新たなサービス展開を図っていく予定である。

実現可能な事業計画の作成と着実な成果の達成へ

相談者の当初の目的は「ものづくり補助金」の申請書作成支援であったが、その申請書作成に向けて、「必要設備の選定」の他、「事業の革新性」や「販売戦略」等も具体化していくことができた。その結果として、実現可能な事業計画の作成に繋がり、着実な成果の達成を図ることができた。

相談者のひとこと

「ものづくり補助金」の採択に繋がったことも良かったが、事業計画も具体化でき、順調に業績を伸ばすことが出来た。また、事業計画の作成の他、チラシのデザインやWEB販促等、様々な分野における専門家の支援を受けることが出来、顧客からも「新サービスを導入して効率的な運営が出来るようになった」との声も頂き、事業の成果に繋がっている。

お電話での無料相談予約・ご相談

電話083-902-5959

電話083-902-5959

⽉〜⾦ 9:30〜17:00 / ⼟ 9:00〜12:00

PAGE TOP

Copyright(c)2020 山口県よろず支援拠点 All Right Reserved.