SNS広告を駆使してコロナ禍でも売上UP!


売上拡大

ゴルチョル(バーチャルゴルフ&たこ焼き店)

山口県初のシミュレーションゴルフスタジオを4年前にオープン。8打席のブース(内2打席は個室)やパターコーナーなど充実した設備やティーチングプロによるレッスンの開講などでゴルフ好きな顧客から好評を得ている。室内であるため新型コロナウイルス感染症の影響も大きかったため、たこ焼き店を店内に増設し、ゴルフ好きな顧客以外からの収益も確保している。同様の施設は県内にはなくオンリーワンの事業を展開している。

住所電話ホームページ
〒753-0814
山口県山口市吉敷下東2丁目2-12
083-941-5562http://golchoru.com/

「効率的な見込み客への周知と集客」が課題

ゴルチョル店舗前

新型コロナウイルス感染症の影響は大きく、県内の感染状況によって来店客数が変動し、店舗も営業自粛を行ったこともあり減少傾向が続いていた。営業再開後、感染対策を行い安心してプレーできる体制も整えたが顧客にはなかなか伝わらず、どのように周知すればよいか思案していたところ知り合いから当拠点を紹介され、相談に至った

CO はまず現在の周知方法についてヒアリングを開始。周知方法については、ホームページやFacebook・SNSへの投稿、持続化補助金などを活用してチラシを制作して頒布して周知を行っていた。 しかし、新型コロナウイルス感染症の影響は断続的に続いており、思ったような成果があがらず集客できなかった。

当店のターゲットはゴルフに関してヘビーユーザー、ライトユーザー、ゴルフに興味がある未経験者の3層が考えられる。これらの見込み客に対して情報発信を行うためには、現在の、チラシ、ホームページ、SNSでは各媒体の特徴によって情報の到達が見込めない層があるため成果は出にくい。そこで、「効率的な見込み客への周知と集客」を課題として設定し、情報発信と集客に取り組むことになった。

広告を選別、改良していくことで広告効果の向上

COは既存の施策とターゲット層との関係を鑑み、有料ではあるが、SNS広告を出稿し一気に認知を上げ、集客をはかる施策をとった。相談者はFacebookとInstagramを普段から使用していたので、すぐに広告が出稿できるFacebook広告を選択し、ゴルフ協会などがレッスン料を補助する無料レッスンキャンペーンや、併設するたこ焼き店(たこちょる)のオープニングキャンペーンなどについて、広告を出稿することにした。

Amebaowndを活用したランディングページの制作、広告素材となる動画撮影や写真撮影、ターゲット向けに効果があると考えらえる広告文を相談者と協議しながら出稿準備を進めた。広告出稿後は定期的に拠点に来訪し、広告効果を確認しながらPDSサイクルをまわし効果のある広告を選別、改良していくことで広告効果の向上に努めた

SNS広告を出稿した結果、非常に厳しい状況であったが月次売上での昨対比は110%

SNS広告を出稿した結果、無料レッスンについては順調に狙ったターゲット層と契約することができた。また、たこ焼きオープンキャンペーンについても反響が大きく、想定よりも大幅に来店客を獲得することができた。コロナ禍で非常に厳しい状況であったが月次売上での昨対比は110%となった。 SNS広告の効果測定により、消費者が何を求めているかを実感することができた。今後も習得した広告運用スキルを活用し効率的な顧客獲得を目指す。

支援のポイント

相談者は一通りIT関連の知識を有しておられた。今後の消費者の情報収集手段はスマートフォンが中心となり、SNS広告の運用スキルが必須になることを意識してもらえるよう努めた。

そのため既存の周知方法とくらべた場合のメリットについてしっかり伝えた。そのこともあってか、相談者は技術的な内容も多々あったが積極的に取り組まれた。一方で地域ビジネスでもあるため、近隣への周知にポスティングなども有効であることも伝えた。

相談者のひとこと

SNS広告は初めての取組でしたが、チラシよりも見込み客に届く手法であることを実感しました。広告効果が数字でわかる点や、広告によって効果が異なる点などは今後の糧になりました。今回習得したスキルをいかして今後もよろず支援拠点のCOの助言を受けながら集客をしていきたいと思います。

お電話での無料相談予約・ご相談

電話083-902-5959

電話083-902-5959

⽉〜⾦ 9:30〜17:00 / ⼟ 9:00〜12:00

PAGE TOP

Copyright(c)2020 山口県よろず支援拠点 All Right Reserved.